はまなすの丘公園

  • カテゴリ:flower
注)写真、大量です^^;

先週末は非常に良いお天気になり、
行ってきました『はまなすの丘公園』♪



花にはチト早いけれど、
色んな海浜植物さんに逢うコトができました
ゎ〜ぃ\(*´▽`*)/ゎ〜ぃ

この公園は180種に及ぶ海浜植物が自生し、
石狩市海浜植物保護地区に指定されているため木道なんですョ。
浜の潮騒と心地よい風を感じながら、
「花散策」を楽しむ事が出来る、素晴らしい場所です♪

木道を歩いてすぐに、小さくかわいらしい花をつけた
ハマハタザオさんがいました〜

* ハマハタザオ(浜旗竿) *

アブラナ科

この花は浜という植物には厳しい環境(砂地による土の柔らかさ、水の浸透)に咲く花で、
浜地に在りながらしっかりとした根を張るそうです☆



花言葉:手を振ってサヨナラしましょう

*****

6月から7月ごろ、橙朱色にソバカスのような斑点がある花を咲かせる、
エゾスカシユリさん♪
開花が遅れています〜。

* エゾスカシユリ(蝦夷透百合) *

ユリ科
花言葉:飾らぬ美 ・偽り

北海道にだけ分布していますョ。
海岸の砂地や草原に生育し、高さは90センチほどになります!

*****

弘法大師が古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれる、コウボウムギさん♪

* コウボウムギ(弘法麦) *

カヤツリグサ科
花言葉 --

*****

木道を、ぷ〜らぷらしていたら…、
ワタシの足元や地面近くをチラチラと飛ぶ、
可愛らしい蝶々さん♪

* short-tailed blue *

ツバメシジミ

♂は光り輝く鮮やかな青色をしているんです♪
ちなみに、♀は地味な灰色w

*****

アマドコロにソックリな、ヒメイズイさんにも逢えました♪
茎は弓なりになることがなく直立し、
高原の草地や北国の海岸の草地に多いそうです。

* ヒメイズイ(姫いずい) *

ユリ科
花言葉:心の痛みの判る人

*****

葉が松葉に似ていることからこの名前です^^;

* エゾカワラマツバ(蝦夷河原松葉) *

アカネ科
花言葉 --

花期:7〜8月
直径2ミリほどの黄色の花を多数つけます。

*****

そして今回の目的は〜!
石狩浜に花のシーズン幕開けを告げるイソスミレさんに逢いに行ったのでした♪

イソスミレは、砂丘の厳しい環境に適応したスミレの仲間。
全国的に生息数を減らしている中、石狩浜は有数の群生地となっており、石狩が分布の北限です。

* Viola grayi *

スミレ科
花言葉 --

ちなみに環境省カテゴリー絶滅危惧II類(Vulnerable, VU:絶滅の危険が増大している種)の上、日本固有種。



厚くつやのあるハート形の葉と、折り重なった淡い紫色の愛らしい花びらが特徴。
これでもタチツボスミレ類の中では一番大きいそうです♪ 
石狩浜海浜植物保護センターによると、例年より1週間から10日遅い開花。
北海道から希少種(R)として指定されていますが、残念ながら花は終りに近い状態でした。

*****

駐車場で美しい声がしています〜♪

Σ(・o・;) ぉぉぉおお〜っと!

はじめてお目に掛ったノゴマ(野駒)さんです〜(*・∀・))ィェ〜ィ♪

* Siberian rubythroat *


よく通る声で様々な囀りを行っていました^^
スピーカーから流れていると思ったほど大きい声でした〜♪



他にも数羽、名前の分らない鳥さんを写しちゃいました^^;

*****

毎日 日焼け止め塗りたくりで、
神経質になるくらい日焼け注意してますが…(´ε` )
ワサワサの雑木林や森へ入ると、
そんなの関係ねぇーの状態になっちゃいます^^;
それより帽子かぶった方がいいかな‥。
ガンバろ〜(T▽T)ノオー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。