Spring ephemeral

  • カテゴリ:promenado
  • コメント:4件



春先に 散策しているときの楽しみは、
草むらや 林地から顔をのぞかせている 野の花を見つけることです♪
そんな野の花に逢いたくて、久し振りに北大へ。

キャンパスをひたすら歩くと…
『恵迪の森』と呼ばれる原始林があります。





スプリング・エフェメラルの植物たちは、
落葉した広葉樹林に陽光が差し込んでくるのを
じっと林床の下で待っています



・:*:・ Anemone raddeana ・:*:・



アズマイチゲ(東一華)
花言葉:温和




花を咲かせるだけの力を蓄えた植物たちが いっせいに蕾を出すと、
つかの間の春を謳歌するがごとく、瞬く間に可憐な花を咲かせます。



・:*:・ Corydalis ambigua ・:*:・

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)
花言葉:妖精たちの秘密の舞踏会



・:*:・ Gagea lutea ・:*:・

キバナノアマナ(黄花甘菜)
花言葉:運が向いてくる




精一杯に可憐な花を咲かせている様子を見ると、
まるで春の妖精たちが 草むらで遊んでいるように思えてきます♪







頭上では楽しげに歌うアオジさん



・:*:・ Black-faced Bunting ・:*:・


この賑やかさがきて、ようやく春が来た!と実感します。
GW頃には オオバナノエンレイソウに逢いにいかなくちゃ



Osannpo photo @ Hokkaido University | Woods of keiteki

2012.4.25 wed

Canon EOS 7D + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1







コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。