フードの話、あれから‥

 ※ 長々日記です ※

メメちんは健康な時と全く同じ、毎日元気にしています♪
元気過ぎちゃって、大切にしているオリヅルランのランナーをペシペシ^^;
とうとうちぎれちゃったです。でも元気な証拠なのでヨシとします(笑)

ポンポン大好き♪


メメの食欲がなくなって、やっと見つけたフード♪
前回はそこまで書きました ⇒ コチラ

なぜ食欲がなくなったのか、メメは健康な時から毎年春ころに一度食欲が減退します。
食欲は全くないかと言えば、そうではなくて、
それ以外にずっと気になっていたことがあったのでした。

あの頃は慌てて食べて、慌てて隠れる…、食べる量が明らかに減った。そんな感じだったのです。
また病院に連れて行かれるとの恐怖から、これは通院のストレスなんだなと感じていました。

免疫治療を月2ペースで6回(最終回.05/11)終えたのですが、
4回目ころより、メメに挙動不審な行動が見えていたのです。
治療と通院のストレスは、メメにとっては相当な恐怖で、
しかし2〜3日もすると元に戻っていたのですが、
6回目の治療より2週間以上経った時点で引きずっていたのです。

問題行動は、今の所確認しませんが、典型的なサインが当時にはありました。
別室にこもるとか、耳を後ろにさげるとか、私を遠ざけるようになり…、
明らかに挙動不審と、脅えが凄かったのです。

先生との間では時間をおき、2クール目を受けさせると話が進んでいましたが、
今はしばらく様子見の方がいいのか、
メメを思い、良かれと思ってしている行為が、
かえって苦しめているのだとすれば、
そんな事を考えると、答えの出ない狭間でとても苦しくて。

そう悩み続けていた日の朝、美味しそうにカリカリを食べているメメと私と目が合い…
…メメは一目散に逃げてしまったんです。
その時のメメの訴えるような目‥、瞬時に脅える目に変わり、
それを垣間見た私は決断しなければと思いました。

この日、朝一で病院へ電話をし(5/24)、午後より先生にお会いしてきました。
今までの経緯と、今後の治療を続けたほうがいいのか悩んでいる旨を伝えた所、
やはり先生も4回目の治療の頃から感じておられ…

飽くまで治療の選択は飼い主に一任だが、この状態でのメメちゃんを考えると、
結果として良い方向に行かない気がする。‥と言われ、更には
治療を休むことにより、明らかに悪い方へ進むのが早くなる可能性を指摘され、
残された時間を苦痛のものにするか、短くても楽しいものにするか、
選択という話になったのでした(泣)

治療といっても免疫力を高めることしか出来ないのですが、
実際メメちんの体の中で、高まっているかどうか‥、
確認できず、そこがこの免疫治療の難しいところではあるのですが、
免疫力効果の最大の敵は、ストレスなので、
せっかくこの療法を受けても、いまのメメちんには効いているかというと、
はたして…、どうなのか…、という理由から、
私の話と総合して、断腸の思いで暫くはお休みに決めたのです(涙)
(先生もそれには大賛成です)

メメちんを最終診察しているのが5/11、
腫瘍の経過は診たいとのことで、次回は6月中旬に診察予定ですが、
その時点でどれだけストレスが回復しているか、
今後の治療は、その時に相談することになっています。

が……!

ここ2〜3日フラッシュバックかな?
再び挙動不審な態度が見え隠れ…(困)

メメの状態を見ていると、恐怖と不安で一杯なので、
そのストレスを少しでも軽くしてあげたいです…。

腫瘍経過の病院へは…、電話で相談することに決めました。



......................


5/24先生にお会いしてきた時に、水素水を勧められました。



メメにもさっそく注文し飲ませています♪



お時間がありましたら覗いて見て下さい⇒ H4O腎不全の猫ちゃん


とにかく今は、メメの体力を失う事は避けたい。
そのためには食べて欲しくて、そればかりです。
そしてこれ以上、心を閉ざしてしまうのは可哀そうなので、
ゆっくりゆっくり、頑張ります^^;


- 追記 -


猫の癌で検索して、このブログにいらっしゃる方も多いので、
自分の知っている範囲で、追々真面目な話もしなくてはと思っています。
猫飼いさんでもつまらなかったら飛ばして下さいね^^;

免疫療法…、失うのは治療費や労力。
(治療費のことは何かとシビアですよね、でも書かなくちゃって思ってる)
決して万能な選択肢とはいえないかも知れない。
残されている治療の唯一の方法として藁にも縋る思い‥。
デメリットは副作用はないものの、猫のストレスと費用。
費用は食費でも何でも削ればなんとかなる。
もはや何かを投与することは出来なくても、
免疫力が低下しているのだから、現環境のストレス原因を取り除いたり、
猫といる時間を増やして「楽しい・嬉しい」を増やしてあげたり、
飼い主にできることは絶対にあるはず!
そう思って最後まで諦めないョ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。