メメとチュンちゃんの話

※ 自壊治療と、その後の経過も書いています ※


予約していた輸液の為に、昨日(8/15)メメを連れて病院へ行ってきました。
主治医の先生は夏休みでしたが、
久し振りで院長センセに診てもらいましたョ。
院長センセはメメの手術にも立ち会って下さっているので、
その後の経過も詳しく覚えていてくれています。

★ ★ ★

【 自壊関連の治療及び処置 】
皮下輸液 (ビタミン剤 含む) 200ml投与。
検温:7度8分 (正常)
体重:5.48kg (増えてる〜!やった〜(*・∀・))ィェ〜ィ♪)


【 自壊関連の今後の方針とアドバイス 】
ストレスフリー。
QOL(Quality of Life)の維持。
消毒の指導。


【 院長先生の話 】
傷口も良い状態ですよ。
抗生剤は今後も続けていく。
体重も増えているので、今の状態を維持して行きましょう。

★ ★ ★

先日の輸液から劇的に元気になったメメちん
カリカリも毎回完食しています!
そしてムートンをモミモミしたり、
爪とぎも力強くバリバリしています
これは気分が良い証拠なので、その調子だねメメちん♪

ただメメちんのウ○チが、軟便。それが気がかり…
抗生剤を飲んでいるからも考えられるが、
なぜ軟便になるのか、理由によって処方する薬が違うので、
新鮮な便を持って病院へ行く予定です。

一回目の手術から明日で1年を迎え、
抗がん剤や、放射線治療をせずに1年を迎えられたこと…
人では1年でも、猫にとっては4年なので、
それを考えると、メメちゃんは大したもんだね〜。
頑張っているメメちん、大好きだョ〜

そぉそぉ…
庭の八重桜の木に、スズメさんやカワラヒワさんが、
たーくさん遊びに来てくれています♪
メメちんと一緒の鳥見も慣れたもので、
鳥さん達を驚かせないように、そーっと愉しんでいますョ。

八重桜の木は、スズメさん達の子育ての場となっています

しか〜し…
ウカッカカカと声がする時もあります♪
おっ、メメちん狙っているな〜と思い見てみると、
案の定、お尻フリフリしています(汗)
これも気分が良い証拠なので、
鳥さんゴメンなさ〜い(:^ー^A


あの時の兄弟チュンちゃん⇒ コチラ

一羽になってしまったけれど
こんなに成長していたんだね〜!



メメは完全室内飼いなので、ベランダの窓越しからの鳥見です。
ハンターの真似をしているだけですので、
鳥さん達は、みーんな無事です♪
むしろ数が増えているような…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。