お昼寝日和♪

※ 自壊の話を書いています。苦手な方はスルーお願いします ※

ここ数日、最低気温が10度台まで下がったお陰で、
夜中に一度も目が覚めることなく
朝までグッスリ眠られるようになりました!
日中も網戸にしていると
そよそよと心地よい風が入ってきます♪

メメちんは、キュ〜ンとお寝んね


8月1日に自壊となり、壊死した部分を摘出してから今日で一ヶ月です。
これまでの経過報告と、今後の方針を聞くため、
9月5日に診察へ行ってきました。

前回体重⇒ 5.48kg
今回⇒ 5.88kg

お〜♪増えてるぅ〜
うれちぃ〜


* * * *

自壊箇所はタダレもなく、摘出箇所は縫合出来ないままでしたが、
大きく開いた穴も閉じてきており、滲出液も少なく、
極めて良い状態と褒めて頂きました。
今後も引き続き、化膿に気を付け消毒を行っていきます。


メメの癌の初発部(原発巣)は、右側の唾液線です。
詳しくは『 右顎郭腺癌 』と言います。
そこから転移してしまった箇所が、
右耳の周り(後頭部から見て耳の付け根)と、
右側の喉(人で言うと鎖骨の辺り)に、腫瘍があります。
(リンパ管に沿って腫瘍があります)

この首の腫瘍が自壊となったのですが、
思い出してみると、自壊が起こる数ヶ月位前から、
パチンコ玉程の大きさで、毛が抜けていたように思います。
そして毛の抜ける頻度が増す分、毛の無い箇所も大きくなり、
次第に皮膚も薄くなって自壊に至った訳です。

それがこの度、右側の耳の付け根に同じ現象が起こってきました。
メメちんを思うと、何が何でも自壊だけはさせたくなくて、
先生に未然に防ぐ方法を聞いたのですが…
悲しいかなメメの場合は、不可能と知りました(涙)

その理由はただ一つ、通院によるストレスなんです。
3日〜1週間に一度、腫瘍内の奥深くに溜まった滲出液をエコーで確認し、
溜まっていれば長い針で刺し、抜くというもの…。
でも今のメメには、そのストレスに耐える力はないようです。
『 自壊が起こったら、その都度対処します 』
そう言われてしまいました


毎日たくさんたくさん、優しく撫でています…
滲出液が溜まってくると手の感触でわかります。
判った時点で即、病院へ走ります!

自壊にはさせたくないから、未然に防ぐ方法が無いなら、
これからも、いっぱいいっぱい撫で続けます!



※ コメント欄はクローズしています ※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。