メメの水分補給♪

いままでは、病院で週に一度の輸液を受けていましたが、
食が細い理由から、間隔を狭めることになり、
最近は 一日おきの通院をしていました。(輸液の他に注射あり)
メメちんは元々車が大嫌いで、
一日おきの通院は、非常にストレスになってしまいます。

そこで! 自宅輸液をする事となりました


・:*:・ 乳酸リンゲル液 ソルラクト ・:*:・


もちろん注射針などを使いますので、
しっかりと獣医師の指導をうけ、廃棄物の管理もする必要があります。
輸液の量やバランスについても指導に従う必要があります。

※リンゲル液は本来なら透明ですが
この写真はビタミン剤を入れてるので、薄っすら黄色です。

針は(18G・用途/輸血用)長いのを使っています。
動いても抜けない為です。


メメちんは病院でも18Gを使っています。
200mlくらいなら3〜4分で終わるなど、メリットが大きいということで、
自宅でも、そのまま18Gを使うことに。

肩甲骨の少し下の猫皮(毛)を、押し分けてしっかりつかんで、
ぎゅ〜っと強めに引っぱり、薄皮のテントを作って
そこに針を1/3以上サクッっと♪
斜め下45度に素早く刺すと痛みを感じないようです。

輸液の準備をして、いざ刺すまでが毎回ドキドキ・・・
メメちんに、刺すと言う行為がどうしても慣れません(涙)

しかし…
こんな事に負けてられませんね〜
絶対、絶対、絶対、頑張ります♪
そんなこんなで、今日で4日目。何とか無事に済ませてます(汗)

輸液後、まったりなメメちん♪


輸液はあくまで水分補給。栄養は入ってないのです。
いま一番ほしいカロリーが摂れて無い事。そして‥
必ず受けなければならない注射があって、
自宅でするには獣医法に引っ掛かるため出来ません。
この2点が今後の課題です。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

ソルラクト輸液(一般名:乳酸リンゲル液)
メーカー:テルモ
使用目的:失われた水分・電解質の補充
成分:塩化カリウム・塩化カルシウム・塩化ナトリウム
乳酸ナトリウム・塩化カルシウム水和物
 
<主な効き目> 
●循環血液量減少時の細胞外液の補給
●循環血液量減少時の細胞外液の補正
●組織間液減少時の細胞外液の補給
●組織間液減少時の細胞外液の補正
●代謝性アシドーシスの補正
  
<副作用>
脳浮腫:肺水腫・末梢浮腫
 
<備考>
リンゲル液の組成は、細胞外液と似た電解質組成。
生理食塩水にカリウムやカルシウムを加えたのがリンゲル液。
バイタルサインの安定化には最も効果的な輸液製剤。

<成分・分量>
有効成分 1袋 500mL中
塩化ナトリウム 3.0g
塩化カリウム 0.150g
塩化カルシウム水和物 0.10g
乳酸ナトリウム液 3.10g
(乳酸ナトリウムとして) (1.55g)

※ソルラクトは乳酸リンゲル液です。
あくまで補液、つまり身体に足りない水分や電解質等を補うためのもの。
副作用等はまず考えなくていいと思います。





※ コメント欄はクローズしています ※







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。